お問い合わせ/よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 719
  • 公開日時 : 2021/05/24 10:59
  • 更新日時 : 2021/10/14 17:28
  • 印刷

リレーアタックによる車両盗難の対策方法を教えてください。

回答

キーレスアクセス車では、アクセスキーの「節電機能」の利用が、リレーアタック対策に有効です。
 「節電機能」は、本来アクセスキーの電池の消耗を抑えるための機能ですが、アクセスキーが電波を受信待機するのを停止しますので、リレーアタック対策にも利用できます。
※車種によっては、「節電機能」が設定できないものもあります。
 詳細は取扱説明書をご確認ください。
 SUBARU MANUAL取扱説明書ダウンロード:https://www.subaru.jp/afterservice/tnst/
 
●設定方法
アクセスキーの「ロック」ボタンを押しながら、「アンロック」ボタンを2回押します。
アクセスキーのインジケーターランプが4回点滅して、「節電機能」が設定されます。
 
●解除方法
アクセスキーのいずれかのボタンを押すことで、「節電機能」が解除されます。
 
●注意点
アクセスキーがバッグやポケットの中などで、意図せずボタン操作がされてしまうと、「節電機能」が解除されてしまいますのでご注意ください。
 
●その他の対策
「節電機能」以外にも、アクセスキーを金属製の缶、または電波遮断ポーチ・キーケースなどに入れて電波を遮断することも、リレーアタック対策として効果があります。
また、ハンドルを物理的に動かないようにする盗難防止用のハンドルロックや、タイヤが動かないようにするタイヤロックを装着することでも、防犯効果が上がります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想・ご要望(QAの追加・修正等)をお寄せください 誠に恐れ入りますが、お問い合わせを入力いただいてもご返信はご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。